【画像付】IOSTをコインチェックからバイナンスに送金する方法

IOSTをコインチェックではなく、バイナンスに送金したい・・・」

そんな悩みをこの記事で解決します。

バイナンスにIOSTを送金するメリットは次のとおりです。

  • バイナンスでステーキングができる(利回りを得られる)
  • 手数料安く売買できる

仮想通貨やIOSTに慣れてきた人はバイナンスに送金して、IOSTを有効活用しましょう。

この記事ではIOSTをバイナンスに送金する手順を画像付きで解説します。

 
【運営者「IOST男」のプロフィール】

仮想通貨IOSTを運用する人
様々な仮想通貨を運用しているが、IOST比率多め。

2017年まで貯金ゼロ。
2017年仮想通貨バブルで失敗を経て、2020年以降は利益。
時間をそこまで掛けずに、利益を取ることに注力しています。


\IOST・アルトコイン投資の第一歩!口座開設はすべて無料/

IOST公式サイト

【画像付き】IOSTをコインチェックからバイナンスに送金する3ステップ

【画像付き】IOSTをコインチェックからバイナンスに送金する3ステップ

IOSTをコインチェックからバイナンスに送金する方法は

  1. バイナンスで入金用アドレスを確認する
  2. コインチェックからIOSTを送信する
  3. 受け取ったIOSTを確認する

この3ステップで完了です。

バイナンスで入金用アドレスを確認する

入金用アドレスを確認する方法は

  1. ウォレットをクリック
  2. フィアットと現物をクリック
  3. 検索窓に「IOST」と入力する
  4. 「入金」をクリック
  5. 「合意」をクリックし、アドレスとメモを確認する

コインチェックからIOSTを送信する

バイナンスのアドレスとメモ画面を開いたままにしておくか、控えておいて、コインチェックにログインします。

ログイン後の操作は下記画像のとおりです。

【コインチェックから送金する方法】

スマホアプリでは「送金と受取」から操作することができます。

間違えないように、入力内容を入念に確認しましょう。

受け取ったIOSTを確認する

バイナンスのアドレスとメモが載っている画面を更新すると、入金を確認することができます。

「最近の入金履歴」に入金情報が追加されます。

メールでも通知が来るはずですが、バイナンスでも確認するようにしてください。

IOSTをバイナンスに送金するメリットを詳しく解説

IOSTをバイナンスに送金した後は何をすればいいのか?

IOSTをバイナンスに送金するメリットは

  • 手数料安く売買できる
  • ステーキングできる

この2つが大きなメリットです。

手数料安く売買できる

コインチェックではスプレッドが広く設定されています。

IOSTを4円で買ったと思っても、実際の購入金額は4.2円だったりするんですが、その幅が「スプレッド」と呼ばれるものです。

実質手数料だと思っていただいて構いません。

バイナンスで取引すると、その手数料を安くすることができます。

ただ、こちらはそこまで大きなメリットとは言えず、むしろメリットは「ステーキング」にあります。

ステーキング

バイナンスに送金する目的は「ステーキング」なのではないでしょうか?

ステーキングとは自動でIOSTの枚数を増やせるサービスで、現金でいう「定期預金」のようなものです。

圧倒的な利回りになっているので、IOST保有者はステーキングをすることも少なくありません。

15日間の年率に換算すると24.49%となっています。

仮に100IOSTをステーキングしたとすると、年間24.49IOSTになるので、15日間だと約1IOSTが手に入る計算です。

利率は変動しますので、常に一定ではありませんが、高水準で魅力的です。

IOSTをステーキングする方法は別記事にて解説してますので、そちらをご活用ください。

まとめ:IOSTをコインチェックからバイナンスに送金するのは簡単です。

まとめ:IOST2つの買い方!まずはコインチェックからでOK

当記事の方法で簡単にバイナンスにコインを送金することができます。

思ったより難しくないので、1回やればその後は困ることなくできるはずです。

  • バイナンスでステーキングしたい
  • バイナンスでIOSTを売りたい

IOSTをさらに有効活用したい方はコインチェックからバイナンスに送金してみてください。