IOST長期保有のメリット!爆益を勝ち取るための戦略を公開

IOSTの長期保有にはメリット満載!?

当記事ではIOST長期投資のメリットと誰でもできる具体的戦略をご紹介します。

ビットコインやイーサリアムは当然ながら保有していますが、同時にIOSTも長期保有。

  • IOST長期保有最大のメリットはどこにあるのか?
  • 長期保有する際に、やってはいけないこと
  • 長期保有の際の必須事項

あまり知識がない方でもできる内容ですので、ぜひ最後までお読みください。

 
【運営者「IOST男」のプロフィール】

仮想通貨IOSTを運用する人
様々な仮想通貨を運用しているが、IOST比率多め。

2017年まで貯金ゼロ。
2017年仮想通貨バブルで失敗を経て、2020年以降は利益。
時間をそこまで掛けずに、利益を取ることに注力しています。


\IOST・アルトコイン投資の第一歩!口座開設はすべて無料/

IOST公式サイト

IOSTの長期保有のメリットはズバリ大きな利益

IOSTをステーキングするメリット・デメリット

長期保有のメリットは大きな運用益を得られやすくなることです。

短期的な売買だと買った瞬間に下落することが多々あります。

また、ある程度上昇したら利確していくことになるので、IOSTの枚数を増やすことが難しいです。

長期保有だとIOSTの枚数を増やすことができます。

【長期保有は短期売買のデメリットを消す】

長期だと定期的に積み増すことで、投資金額を増やせる
チャートに張り付く必要性がなくなる
買いタイミングで大きな失敗をしない限り報われる可能性が高い

デメリットとしては含み損の期間が長くなる可能性があることですが、長期的な仮想通貨の成長を考えると、買いタイミングを大外ししなければ、耐えられます。

IOST長期保有でやってはいけないこと

IOST長期保有でやってはいけないこと

IOSTを長期保有する上で、やってはいけないことがあります。

  • 高値掴みする
  • 短期的な売買を繰り返す
  • 長期の定義を曖昧にする

この3つについて詳しく解説します。

高値掴みする

「長期保有だからどこで買おうとあまり関係ない」みたいな意見もありますが、そんなことはありません。

必ず下落した局面で買う必要があります。

その理由はいくつかありますが、具体的には次のとおりです。

  • 含み損が大きくなると、メンタル的にしんどい
  • 利益が小さくなる

長期保有だからといって、安易に買ってはいけません。

仮想通貨には大きな上下動があるので、必ず下がった局面で買うようにしましょう。

短期的な売買を繰り返す

長期保有と短期売買をごちゃ混ぜにしてはいけません。

あくまで長期保有は長期保有、短期売買は短期売買をする必要があります。

簡単なように見えますが、意外と簡単ではありません。

  • 長期保有:基本的には下落で買い増しをするだけ
  • 短期売買:売ったり買ったりを繰り返す

長期保有は下落したら買い増すだけです。

定期的に買い増すことによって、IOSTの枚数を増やすことができ、将来得られる運用益が大きくなります。

長期保有を定期的に売ってしまうと、保有枚数が減ってしまうので、大きな運用益になりません。

長期の定義を曖昧にすること

仮想通貨を超長期で運用するのはかなり危ないです。

長期は何年なのかを明確にする必要があります。

基本的には1年〜3年程度が一つの目安だと考えており、老後まで長期的にIOSTを持つという戦略は好ましくありません。

ただ、3年後にどうなってるかはわからないので、定期的に戦略を見つめ直していく必要があります。

  1. 仮想通貨である程度資産を増やす
  2. 徐々にリスクを落としていく(インデックスファンドに投資する)

②に移行して初めて仮想通貨投資は成功したといえます。

仮想通貨に投資している以上は下落の可能性を常に含んでいますので、注意するようにしてください。

ちなみに、私のIOST保有期間は3年程度を見込んでいます。

IOSTを長期保有する上で、必ずやっておきたいこと

IOSTのコインチェック上場〜コインチェック銘柄は値上がり傾向〜

IOSTを長期保有する時にやっておきたいことは

  • ステーキング
  • 買い増し戦略を徹底すること
  • 他の通貨の動向も見ておくこと

これらのポイントを順番に見ていきます。

ステーキング

数ヶ月以上保有する場合はステーキング必須です。

ステーキングは利回りのことで自動でIOSTが増えていきます。

定期預金の仮想通貨バージョンだと思っていただいて構いません。

IOSTのステーキングは期間が短く、バイナンスでのステーキングは15日程度で可能です。

利回りも20%を超えるようなものもあり、かなり高く設定されていますが、当然仮想通貨なので価格の上下動があります。

短期売買の人はやらない方がいいですが、長期保有を決め込んでいる場合はステーキングを積極的に活用しましょう。

他の通貨の動向も見ておくこと

IOSTだけに注目していると視野が狭くなってしまいます。

他にも将来性がある通貨がたくさんあるので、できる限り他の通貨の動向もチェックしておきましょう。

ビットコインやイーサリアムの価格は当然ながらチェックしておかないといけません。

IOSTから投資対象を変えるというのではなく、他の通貨の動向をしっかり見ておくことも重要です。

今後の未来は誰にもわからないので、他の通貨の動向もしっかりチェックしていきましょう。

買い増し戦略を徹底すること(最重要)

買って持っておくことだけが長期保有ではありません。

下落した場合の対処を練っておくことで、より深い戦略になっていきます。

  1. どのタイミングで買うのか?
  2. どれくらいの資金を投入できるのか?
  3. どの値段まで下がったら、買い増しするのか?

実際に下落や急上昇が起こってから、戦略を練っているようではいけません。

事前にどれだけ想定できるかが勝負を分けます。

まとめ:IOST長期保有戦略!まずは少額で実験的に体感しよう

まとめ:IOST2つの買い方!まずはコインチェックからでOK

IOSTの長期保有は買うタイミングがかなり重要です。

買い増しポイントをしっかり設定していれば、成果が出る確率はグンと上がります。

IOST長期保有を始めたい方は下記のプロセスで始めることができますので、一緒に長期で利益を取りたい方は参考にしてみてください。

【IOST長期保有の始め方は下記です】
  1. 口座開設でIOSTを少額買う:IOST2つの買い方を解説!バイナンスとCoincheckの購入方法は?
  2. 戦略を作る:仮想通貨で億り人を一緒に目指そう!IOST戦略で勝負【簡単かつ単純】
  3. ステーキングする:IOSTをステーキングで増やす方法!バイナンスとIOSTアカウント両方解説
  4. 1年後〜3年後あたりの大きな上昇相場が来た時に売る