IOSTで億り人を目指すメリット!買いやすさ+暴落でチャンス倍増な理由

IOSTで億り人を目指す理由は一体何か?

数ある仮想通貨の中でもIOSTに注目している理由をこの記事では解説します。

いろんな理由がありますが、IOSTを含めた仮想通貨市場は長期的に上昇傾向。

資産を大きく増やす可能性を秘めています。

この記事で紹介するのは下記の内容です。

  • 億り人を目指す具体的な方法
  • 絶対にやってはいけない「大損へ導く考え方」
  • 億り人を目指すメリット

仮想通貨で大損したくない人、仮想通貨で資産を増やしたい人はぜひ最後までお読みください。

 
【運営者「IOST男」のプロフィール】

仮想通貨IOSTを運用する人
様々な仮想通貨を運用しているが、IOST比率多め。

2017年まで貯金ゼロ。
2017年仮想通貨バブルで失敗を経て、2020年以降は利益。
時間をそこまで掛けずに、利益を取ることに注力しています。


\IOST・アルトコイン投資の第一歩!口座開設はすべて無料/

IOST公式サイト

IOSTで億り人を目指すメリットが大きい理由

IOSTをステーキングするメリット・デメリット

IOSTで億り人を目指すメリットが大きい理由は

  • 低い価格帯で推移している
  • ビットコインの値上がりが限定的になった
  • 日本人でも買いやすい(Coincheckで買える)
  • 大幅な下落がある

これらの理由が挙げられます。

低い価格帯で推移している

コインチェック銘柄の中では、最も安い価格で推移しています。

低い価格だからどうってことはないんですが、仮想通貨が急激な値上がりをする時は「安いコインの方が急騰するんではないか」という思う人が出てくるんです。

特に、初心者の方ほどその傾向が強く、価格が低いIOSTが一発逆転狙いで購入されたりします。

  1. 価格が低いので、購入される
  2. 1日で2倍になったケースもある
  3. 急騰時には一発逆転狙いの購入が多くなる

一発逆転狙いで投資する人が参入する前に、IOSTを持っていればいいわけですね。

バブル時に錯覚が起きやすい「価格の低さ」はIOSTに投資する大きなメリットになります。

ビットコインの値上がりが限定的になった

2020年〜2021年にかけて、ビットコインは大きく値上がりしましたが、前回の仮想通貨バブルに比べると、値上がりがマイルドになってきました。

もちろん今後の上昇は見込めるわけですが、数十倍を狙えるものではなくなったと言えます。

では、他のコインはどうか?

2020年〜2021年にかけて、10倍以上に上がったコインがあり、その中の1つにIOSTが挙げられます。

大きく利益を取るなら、ビットコインよりアルトコインの方が狙いやすいです。

アルトコイン:ビットコイン以外の仮想通貨の総称

日本人でも買いやすい(Coincheckで買える)

仮想通貨投資を本格的に始めたい方はバイナンスで始めるのがいいですが、初心者の方は取引が簡単なCoincheckが使いやすいです。

バイナンスを使えば、日本の取引所以上にいろんな銘柄を取引できます。

ただ、初心者が仮想通貨に投資するとなると、国内の取引所がメイン。

  • 価格が低い
  • 日本人がたくさん使っているCoincheckで扱われている

この2つは大きいです。

当然、技術力もあるので、今後の成長にも期待できます。

大幅な下落がある

下落と聞くと「最悪じゃん!」と思ってしまうかもしれません。

投資初心者の方はそう思ってしまうかもしれませんが、ある程度投資した人は違います。

大幅な下落こそ買い増しポイントになるんです。

適度な暴落があることによって、「そのタイミングで買い増せばいい」と判断できます。

【購入時の注意事項】

  1. 暴落をひたすら待つ
  2. 暴落時に買い増す
  3. 損失額を最小にでき、利益が出やすい状態になる

仮想通貨の場合、下落も上昇もかなり大きいので、下落時に買うことが可能。

下落時に買えれば、その後の大きな上昇をとることができます。

IOSTで億り人になれるか?今後のチャンスを考えてみる

IOSTで億り人になれるか?今後のチャンスを考えてみる

2020年はIOSTの価格が1円未満(0.5円〜0.8円)だったので、10円になるだけで15倍ぐらいの運用益が出ました。

ただ、この記事を書いているのは2021年6月。

IOSTの価格は一旦急上昇して10円近くをつけて、その後急下落している現状です。

この後、またチャンスは来るのでしょうか?

安値で推移する時がまたやってくる

IOSTチャート2021年6月3日

仮想通貨は暴騰と暴落を繰り返しています。

なので、暴落した時にIOSTを買い増していくだけで、将来的な運用益を得ることができますが、暴騰した時に買ってしまう人が多いです。

暴騰の後に待っているのは暴落。

大事なのは暴落をしっかり待って買うことです。

  1. 絶対条件として、暴騰している時には買わない
  2. 高値から50%以上下落することが多々あるので、そこまで待つ
  3. 買い増しポイントを明確に決めておく

「落ちた時に買う」を繰り返していれば、安い価格での枚数を増やすことができ、資産を増やしやすくなります。

ビットコインが上昇するなら、まだまだ上がる余地あり

全ての通貨は良くも悪くも、ビットコインの影響を受けます。

なので、今後の上昇に関しても、ビットコインの影響が大きいわけですが、今後数年のビットコインはポジティブ材料がたくさんあります。

  • ビットコインETFの承認(アメリカ)
  • 企業の相次ぐ参入
  • 仮想通貨の利便性アップ

正直、ここに書き切れないぐらいあるんですが、アメリカのビットコインETFの承認は大きな材料です。

カナダなどでは承認されているので、アメリカでの承認も時間の問題。

ETFが承認されれば、ビットコインの価格は急上昇が見込まれるので、IOSTもその影響を受けることになります。

数ある通貨の中で、IOSTが一番伸びるかどうかはわからない

数ある仮想通貨の中で、どれが一番伸びるかは予想できません。

ただ、Coincheck銘柄の中では大きく伸びた銘柄の1つです。

  • IOST
  • QUTM
  • ENJ

これらの仮想通貨は2021年に入ってから4カ月間で10倍になる場面も。

5月の下落が起こった後でも、3倍〜4倍になってますから、急伸したコインだと言えます。

その中でも、私はIOSTに注目しています。

IOSTで億り人になるには安値でどれだけ枚数を増やせるか?

IOSTで億り人になるには安値でどれだけ枚数を増やせるか?

億り人になるにはそれなりの仮想通貨を持ってないといけません。

そのためにはどのように枚数を増やせばいいのかをここではご紹介します。

大きく増やすなら、安値で買い増すのみ

短期的に買ったり売ったりするのもいい戦略ですが、その場合枚数を大きく増やせないケースがあります。

  1. 100万円購入して、150万円で売る
  2. 安値で30万円ずつ10回購入して、急上昇を待つ

大きく資産を増やすには保有する②のように、仮想通貨の枚数を増やさないといけません。

投資金額が100万円と300万円では増える金額が違いますよね?

投資目的にもよりますが、大きく資産を増やしたい場合は下落した時に買い増すことだけを考えた方がいいでしょう。

IOST以外の通貨にも当てはまる

この記事の考え方はIOST以外の通貨にも当てはまります。

もし、IOSTだけでは怖いというのであれば、他の通貨も同様に下落した局面で買い増すようにしましょう。

ある程度均等に投資していれば、どの仮想通貨が上がっても利益を取ることができます。

必ず下落した時に買う

これだけを徹底するようにしてください。

仮想通貨投資で最も後悔するのは「もっと上がる」と期待して、上昇局面で一気買いした時です。

暴落を避けるだけで成果は大きくなります。

まとめ:IOSTで億り人になるための買い増し戦略を公開中

まとめ:IOST2つの買い方!まずはコインチェックからでOK

IOSTで億り人になるためには安値での買い増しが必須です。

安い値段でどれだけ仕込めるかによって、億り人になる確率が上がりますし、資産を増やせる確率も上がります。

【重要ポイント】

下落時にとにかく仕込む。急騰時はダメ。
ビットコインはまだまだ上昇余地あり(ただ、短期的な上下動あり)
買う前に戦略を作っておくことが大事

具体的な買い増し戦略とIOSTの買い方も下記記事で紹介してますので、IOSTへの投資を始めたい方は合わせてご覧ください。